企業|企業速報 証券市場新聞

リーバイ・ストラウス ジャパン(9836)は急反落。19日引け後に発表した17年11月期単独業績で営業利益3億2000万円(前期比同33.4%減)と大幅な減益を見込んだことが嫌気された。円安傾向による海外でのコスト増を織り込み、厳しく見積もった。16年11月期は営業利益4億8000万円(前の期比2.1倍)と計画を上回り、利益が急増した。

 

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

 

Pocket