企業|企業速報 証券市場新聞

ゲンダイエージェンシー(2411)がストップ高。20日大引け後に17年3月期の連結業績予想を売上高で146億円から158億円(前期比6.6%減)へ、営業利益で10億4000万円から13億2000万円(同15.6%増)へ、純利益で7億円から9億円(同83.7%増)へ上方修正したことが好感された。新規大手顧客の開拓やインターネットメディアの拡販、パチンコホール業界以外の異業種向けプリンティング事業の営業強化等に取り組んだことや自社メディアである「パチ7」等の販売が堅調に推移している。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket