企業|企業速報 証券市場新聞

 石油資源開発(1662)、昭和シェル石油(5002)、国際石油開発帝石(1605)など資源関連株が総じて高い。全般続伸地合いのなか、原油先物相場が反発基調を強めていることが支援材料になった。1バレル28ドル割れ水準までまで急落していたWTI(ニューヨーク原油先物相場)は、欧州中央銀行(ECB)の追加緩和観測を追い風に22日には32ドル台まで大幅に続伸。原油安に伴う採算悪化懸念が後退したことで、買戻しが優勢になっている。

証券市場新聞

Pocket