企業|企業速報 証券市場新聞

藤商事(6257)が急落。30日大引け後に17年3月期の単体業績予想を売上高で500億円から315億円(前期比17.5%減)へ、営業損益で50億円の黒字から26億円の赤字(前期20億3500万円の黒字)へ、最終損益で33億円の黒字から19億円の赤字(同12億3700万円の黒字)へ下方修正したことが嫌気された。第3四半期に発売予定であった新機種について、同時期の入れ替え需要が、回収・撤去対象機種の多数を占める他メーカーの後継機種に集中すると見込まれたことで、発売を第4四半期に延期。発売を延期したことにより販売計画を見直した影響がでている。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket