企業|企業速報 証券市場新聞

 住友大阪セメント(5232)が反発。日本経済新聞が26日付で「住友大阪セメントの2015年4~12月期の連結営業利益は前年同期比11%増の170億円程度と、この期として過去最高となったようだ」と報じたことが手がかり。
 好業績観測が信用取引売り方の買戻しを誘発し、全般大幅安のなか逆行高となった。15日現在の信用倍率は0.73倍と売り超過、25日申し込み現在の貸借倍率も1.69倍と拮抗している。

証券市場新聞

Pocket