企業|企業速報 証券市場新聞

 オムロン(6645)がが大幅続落、前日比562円安の2863円まで売り込まれ、6日ぶりに昨年来安値を更新した。28日取引終了後、2016年3月期通期連結業績と配当予想を下方修正したことが嫌気売りを誘った。
 売上高を8600億円から8350億円(前期比1.4%減)へ、営業利益700億円を620億円(同28.4%減)へ減額。これまで40円としていた期末配当を34円へ引き下げ、年間配当を68円へ前期から3円減配する。半導体、工作機械関連などが低調に推移、さらに、中国経済の悪化が各事業に悪影響を与えると想定している。

証券市場新聞

Pocket