企業|企業速報 証券市場新聞

三菱総合研究所(3636)が大幅続落、前日比435円安の3030円まで売り込まれた。
3日取引終了後に発表した今2016年9月期第1四半期(10~12月)の連結決算が、売上高134億3200万円(前年同期比3.8%減)、営業損失7億5200万円(前年同期3億1800万円の損失)と減収で赤字幅が拡大したことで嫌気売りがかさんだ。
第1四半期は需要低迷期で前年同期も赤字を計上しているが、特にITサービスで高採算案件の反動減があったことが響いた。通期は売上高920億円(前期比7.8%増)、営業利益62億円(同11.7%増)と従来予想を据え置いている。

証券市場新聞

Pocket