FPGが急騰、タックス・リース計画超で第2四半期予想を上方修正

FPG<7148>が急騰。14日大引け後に、17年9月期の第2四半期累計(16年10月~17年3月)連結業績予想を売上高で104億5900万円から120億円(前年同期比13.2%増)へ、営業利益で63億3000万円から80億円(同12.6%増)へ、純利益で41億4500万円から56億円(同23.3%増)へ上方修正したことが好感された。タックス・リース・アレンジメント事業で、投資家からの旺盛な需要を確実に取り込み、計画を上回る早さで好調に推移している。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる