企業|企業速報 証券市場新聞

東急レクリエーション(9631)が大幅高、前日比80円高の805円まで上昇した。日本経済新聞が10日付で「東京急行電鉄(9005)がシネマコンプレックス(複合映画館)を運営する東急レクリエーションを子会社にする」と報じたことが買い手がかりになった。
映像技術や施設運営といった東急レクが持つエンターテインメント関連ノウハウを渋谷駅周辺再開発や海外事業にも生かしていく方針。報道について東急レク、東急電鉄の両社は「当社が発表したものではない」としながらも「連結子会社化は本日開催の取締役会に付議する予定」とのコメントを発表した。

証券市場新聞

Pocket