ダイコク電が反発、17年3月期利益予想の上方修正を好感

ダイコク電機<6430>が反発。8日大引け後に、17年3月期の連結業績予想を売上高で410億円から407億1000万円(前期比13.4%減)へ、営業損益で3億円の黒字から10億8000万円の黒字(前期8億9400万円の赤字)へ、最終損益で2億円の黒字から5億円の黒字(同16億7600万円の赤字)へ修正、利益の上方修正を好感した。情報システム事業で製品販売が予想を下回ったものの、研究開発費の一部が来期へずれ込んだことや、費用の削減が利益を押し上げている。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる