企業|企業速報 証券市場新聞

六甲バター<2266>が急反発。12日大引け後に、17年12月期の第1四半期(1~3月)単体決算を発表、売上高は113億9700万円(前年同期比2.7%増)、営業利益は14億9600万円(同61.4%増)、純利益は10億800万円(同66.2%増)と大幅増益を達成したことが好感された。家庭用チーズ製品販売好調に加えて原価率が下がったことも利益を押し上げている。通期は売上高495億2000万円(前期比5.1%増)、営業利益39億5000万円(同24.0%減)、純利益27億2000万円(同20.7%減)の従来予想を変えていない。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

 

Pocket