企業|企業速報 証券市場新聞

東芝<6502>は急反落。一部報道で「産業革新機構は同社の半導体事業の入札を見送る可能性がある」と報じたことを受け、経営再建の先行き不透明感を嫌気した売りが優勢になった。産業革新機構と米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツによる日米連合の入札が有力とされていたが、米ウエスタンデジタル(WD)が売却差し止めを求める法的措置を行使するなど、状況が混沌としている。

 

証券市場新聞https://marketpress.jp/

Pocket