企業|企業速報 証券市場新聞

山崎製パン(2212)がマドを空けての急落で、前週末比229円安の2215円で寄り付いた後、345円安の2099円まで下げ幅を広げた。12日取引終了後、子会社のヤマザキ・ナビスコが米モンデリーズ・インターナショナルとのライセンス契約を8月末で終了すると発表したことを受け、グループ収益への影響を警戒した売りがかさんだ。
ヤマザキ・ナビスコは米モンデリーズ社と技術、商標ライセンス契約を結び、「ナビスコ」、「ナビスコ・トライアングル・マーク」のビスケットブランドと「オレオ」、「リッツ」などクラッカー4ブランド製品を製造販売してきた。
契約満了日の8月31日で製造を中止、残余在庫の販売を経て終売とする予定で、ヤマザキ・ナビスコはヤマザキビスケット二社名を変更して、「チップスター」、「エアリアル」などの既存製品に加えて、順次新製品を発売していくとしている。

証券市場新聞

Pocket