企業|企業速報 証券市場新聞

大阪ガス<9532>が急落。18日付でみずほ証券が投資判断を「中立」から「アンダーパフォーム」へ、目標株価を450円から340円へ引き下げたことが嫌気された。3月に公表された長期ビジョン・中期経営計画では、設備投資重視で中期的にFCFが出にくいとし、ライバルである関電が都市ガス事業拡大に動き、20万件の顧客獲得目標に対し既に13万件を超える顧客を獲得する等、本業での競争環境は厳しさを増していることも懸念。CF配分方針、主力都市ガス及び電力事業での競争激化、Perでみてバリュエーション水準に割高感があるとしている。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

 

Pocket