企業|企業速報 証券市場新聞

ソフトバンクグループ<9984>が急反発。英国半導体設計大手ARM買収に続き、米国の画像処理半導体大手エヌビディア株を買い集めていることが伝わるなど、AI分野への積極投資を好感した買いが継続して入った。ARMはCPUやGPUなどを設計、半導体メーカーにライセンス供与しており、エヌビディアはGPUで圧倒的な世界シェアを持つ。さらに、サウジアラビアなどと共同で立ち上げた「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」をバックにしたM&Aへの思惑も株価を押し上げているようだ。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

 

Pocket