企業|企業速報 証券市場新聞

日本スキー場開発<6040>は続伸。7日大引け後に、17年7月期第3四半期累計(16年8月~17年4月)の連結決算を発表、売上高は56億6700万円(前年同期比10.5%増)、営業利益は9億6900万円(同55.8%増)、純利益は5億800万円(同80.0%増)と大幅な増収増益となった。前シーズンオープン日が遅れたスキー場を中心に人工降雪機を増強する等の小雪対策投資を実施した効果が表面化している。
通期は売上高63億円(前期比12.8%増)、営業利益6億円(同5.6倍)、最終損益益2億8000万円(前期1億1700万円の赤字)と従来見通しを据え置いた。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket