企業|企業速報 証券市場新聞

リコー<7752>は反発。9日付の日本経済新聞が「物流子会社のリコーロジスティクスを売却する調整に入った」とたことを受け、本格的なリストラ策による収益改善を期待した買いが先行した。半導体子会社の売却も検討しているもよう。2社合計の売却額は数百億円規模となる見通しだ。主力の複合機事業が低迷するなか、非中核部門を売却し事業構造改革の原資を捻出する。今後、世界の工場配置や販売体制を見直すほか人員削減も進めて高コスト体質の改善を目指すと伝えている。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket