企業|企業速報 証券市場新聞

ユニー・ファミリーマートホールディングス<8028>が急反発。13日取引終了後、ドンキホーテホールディングス<7532>と業務提携に向けた検討を開始すると発表たことが材料視された。ドンキホーテも高い。
ユニーファミマがコンビニエンスストア(CVS)と総合スーパー(GMS)、ドンキホーテはディスカウントストアを主力としていることから競合関係が少なく、グループの垣根を越えて3業態それぞれの経営資源や独自の強み・ノウハウを生かした協業や相互補完効果が期待できると判断した。今後、店舗運営や商品開発・仕入れなどに加え、物流機能の合理化、海外市場・新業態開発なども協労を検討、半年内に提携内容を具体化し、業務提携契約を結ぶとしている。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket