企業|企業速報 証券市場新聞

 ソルクシーズ<4284>が急反発。14日取引終了後、移動体機器や情報家電に向けた新しい技術開発を行うアックス(京都市中京区)の株式を取得すると発表、自動運転などに必要なAI(人工知能)の技術開発を強化することが買い手がかりになった。イーフロー(東京都渋谷区)からアックス株式の14.1%を取得、取得価額は相手側の要望で非開示とした。
アックスはUNIXやネットワークの技術開発を中心に、独自開発した家電用機器や携帯電話向けOSを提供、名古屋大学発ベンチャーのティアフォー(名古屋市)が応用システムを開発・提供している自動運転用基本ソフトウェア「Autoware」の開発協力やサポート、コンサルテーションを行うほか、自動運転などに不可欠な人工知能の技術開発も手掛ける。同社は5月に豊田通商<8015>と自動運転分野で資本業務提携、自社開発のクラウドサービスへのAI搭載も計画しており、アックスとの協業によりシナジーを引き出していく考え。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket