企業|企業速報 証券市場新聞

西松屋チェーン<7545>が反落。16日大引け後に、18年2月期の第1四半期(2月21日~5月20日)単体決算を発表、売上高は354億9200万円(前年同期比1.1%減)、営業利益は26億6300万円(同9.9%減)、純利益は18億5000万円(同3.5%減)と減収減益だったことが嫌気された。衣料部門については、春物・初夏物衣料品が昨年との気温差異の影響により出足が鈍く販売数が伸び悩んでいる。
通期業績は売上高1430億円(前期比4.9%増)、営業利益87億1500万円(同10.7%増)、純利益57億9500万円(同13.2%増)と従来見通しを変えていない。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket