企業|企業速報 証券市場新聞

 アスクル<2678>が急反発。19日取引終了後、集計中の17年5月期の連結業績と配当を上方修正したことが好感された。2月に発生した物流拠点の火災事故の影響で、業績予想を下方修正していたが、その後の状況を踏まえ、前回予想の売上高3350億円を3359億円(前の期比6.6%増)、営業利益80億円を88億円(同3.3%増)に引き上げた。非開示だった最終損益は10億円の黒字(前の期52億5500万円の黒字)としたが、減益要因は一過性のもので、財務体質も引き続き健全として、未定としていた期末配当を18円とし、年間配当を36円(前の期33円)に増配する。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket