企業|企業速報 証券市場新聞

 味の素<2802>は新値追い。21日付の日本経済新聞が「味の素は再生医療に使う細胞の培養液を2017年度中に欧州市場で発売する」と報じたことが好感された。再生医療の基礎研究用の需要を見込む。味の素はiPS細胞の培養液では世界をリードしており、米国に次いで再生医療関連の市場が大きい欧州市場で展開することで、培養液を含むヘルスケア関連事業を新たな収益源に育てると伝えており、本格的な欧州培養液市場開拓による収益拡大を期待した買いが先行した。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/
 

Pocket