企業|企業速報 証券市場新聞

 京阪神ビルディング<8818>が反発、2日ぶりに年初来高値を更新した。20日取引終了後、発行済み株数の0.12%にあたる6万6600株、金額にして5000万円を上限とした自社株取得枠を設定したことが好感された。取得期間は7月1日から8月31日まで。ストックオプションの行使に伴い交付する株式に充当するためとしている。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket