企業|企業速報 証券市場新聞

タカタ<7312>は売買停止が解除された19日から前日まで3日連続ストップ安比例配分となっていたが、この日午前10時前に前日比118円安の126円で寄り付いた。東証がこの日からタカタ株の制限値幅を通常の80円から160円に拡大したことで、ストップ安水準が84円に切り下がり、ようやく取引時間中に売買が成立した。 16日に民事再生法適用を申請すると伝わったことを受け、連日で換金売りが殺到しているが、会社側は「決定した事実はない」とコメントしている。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket