企業|企業速報 証券市場新聞

 パソナグループ<2168>は反落。27日の取引終了後、集計中の17年5月期連結業績を修正、最終損益を従来予想の5億円の黒字から一転、1億3000万円の赤字(前の期2億4300万円の黒字)へ引き下げたことが嫌気された。
アウトソーシング事業が好調で、営業利益は43億円から45億円(前の期比16.6%増)へ引き上げたが、固定資産の減損損失を計上したことや、一部子会社の損益が改善せず、税負担が増えたことから最終損益が悪化した。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket