企業|企業速報 証券市場新聞

 トッパン・フォームズ<7862>が急騰、約半年ぶりに年初来高値を更新した。1日付の日本経済新聞が「トッパン・フォームズはスマートフォン(スマホ)などの画面に使われるタッチセンサーを作る際に、レアメタル(希少金属)が不要になる技術を開発した」と報じたことが材料視された。タッチセンサーの配線素材は透明度が高いレアメタルのインジウムが採用されているが、インジウムは高価だ。インク状にした銀を電子回路として吹き付ける技術を開発したと戸伝えており、今後の実用化と収益貢献を期待した買いを集めた。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket