企業|企業速報 証券市場新聞

ニックス<4243>がストップ高カイ気配、サニックス<4651>やフマキラー<4998>を含めて「ヒアリ」対策関連株が軒並み値を飛ばしている。環境省が4日、6月30日に大阪港で見つかったアリを南米原産の強毒アリ「ヒアリ」と確認したと発表したことが引き続き材料視された。国内で、ヒアリの女王アリが確認されたのは初めてで、大阪市の吉村市長は国と連携して水際で防止するために駆除に力を入れることを表明している。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket