企業|企業速報 証券市場新聞

 クリーク・アンド・リバー社<4763>は後場に入って急伸、約5カ月ぶりに年初来高値を更新した。この日昼休み時間中に発表した18年2月期第1四半期(3~5月)の連結決算は、売上高76億8500万円(前年同期比17.5%増)、営業利益は7億6100万円(同67.6%増)大幅増益で利益が急増、2Q計画の営業利益10億円(同1.2%減)に対する進捗率は76.1%に達し、利益上ぶれを期待した買いを集めた。1Qは制作スタジオを中心に高採算の受託案件や医療分野の伸びが売り上げ、利益を押し上げた。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket