企業|企業速報 証券市場新聞

キリン堂ホールディングス<3194>が小反落。10日の取引終了後、18年2月期の第1四半期(3~5月)連結決算を発表、売上高は307億6200万円(前年同期比7.8%増)、営業利益は2億5500万円(同21.9%増)、純利益は2億4000万円(同2.8倍)と大幅な増益を達成したが株価は10日に1071円まで上昇し年初来高値を更新していたことから、この日は利益確定売りに押されている。新店寄与に加え、利便性向上と客数増加を目的とした既存店舗の改装、ポイントカードを活用した来店動機を高める販売促進などが寄与している。
通期は売上高1220億円(前期比4.8%増)、営業利益15億1000万円(同16.3%増)、純利益6億9000万円(同8.7%増)と従来見通しを据え置いている。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket