企業|企業速報 証券市場新聞

東海カーボン<5301>が反発、年初来高値を更新した。18日の取引終了後、独SGL CARBON SE(SGL社)とアジア市場における化学装置用不浸透性黒鉛事業の合弁事業を解消し、シンガポールの合弁会社SGL Tokai Process Technologyの同社持分49%全てをSGL社に売却することを発表した。これにより、構造改革が進むとの期待が高まっている。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket