企業|企業速報 証券市場新聞

ピープル<7865>は続落。18日引け後に発表した6月月次業績動向で、売上高が前年同月比22.9%減の2億7090万円と大幅減収になったことが嫌気された。6月は海外販売で船積み調整月となり、国内販売も玩具が前年を下回った。前年同月に新製品発売が集中し出荷されていたため、のギャップが大きく影響したという。ただ、前年同月に対する販促費の標準化や原価率の改善で、営業利益は前年同月比7倍の1390万円と急改善した。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket