企業|企業速報 証券市場新聞

中外製薬<4519>が続急伸、年初来高値を更新した。19日付でみずほ証券が投資判断を「アンダーパフォーム」から「中立」へ、目標株価を3380円から4600円へ引き上げた。同社創製品アレセンサ(ALK変異陽性非小細胞肺がん〈NSCLC〉)およびエミシズマブ(血友病A)の売上高を増額、両剤ともに良好なフェーズ3試験の学会発表が要因と推測。とくにRocheグループにおけるエミシズマブのピーク年商は3000億円を超えると予想している。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket