企業|企業速報 証券市場新聞

 塩野義製薬<4507>が反発。24日取引終了後、同社が創製した新規キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害薬「S‐033188」について、リスク要因を持たない健常のインフルエンザ患者を対象とした第Ⅲ相臨床試験で主要目的を達成したと発表したことが材料視された。S‐033188は既存のノイラミニダーゼ阻害薬とは異なるメカニズムによりインフルエンザウイルスの増殖を抑制、経口による錠剤の1 回のみの服用でインフルエンザウイルス感染症の治療完結が期待される新規化合物で、国内では今回の試験結果を基に2017年度中に製造販売承認申請を行うとしている。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket