企業|企業速報 証券市場新聞

富士通ゼネラル<6755>が反落。25日の取引終了後、18年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結業績予想を売上高は1250億円(前年同期比2.1%増)で据え置いたが、営業利益を60億円から70億円(同44.4%減)へ、純利益を40億円から50億円(同12.9%減)へ上方修正した。為替相場が想定よりも円高・ドル安で推移したことが寄与しているが、株価は続伸後とあって目先売りに押されている。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket