企業|企業速報 証券市場新聞

タツタ電線<5809>が急反発、連日で年初来高値を更新した。26日取引終了後、18年3月期の業績を上方修正したことが好感された。
第2四半期累計(4~9月)の連結予想にていて、売上高を260億円から271億円(前年同期比11.0%増)、営業利益を23億円から26億円(同22.2%増)へ。機能性フィルムの立ち上がりが前倒しになることで、売り上げ、利益が計画を上ぶれる。第1四半期は(4~6月)電子材料が好調で、売上高260億円から127億3300万円(前年同期比8.6%増)営業利益は12億8100万円(同48.8%増)だった。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket