企業|企業速報 証券市場新聞

東芝<6502>が急反落。26日開催の取締役会において半導体メモリー事業の売却で合意できず、8月以降にずれ込む見通しとなったことを受け、改めて経営再建に不透明感が増す状況になっており、嫌気売りがかさんだ。取締役会では優先交渉先の「日米韓連合」と同日中の合意を目指していたが決着できなかったという。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket