企業|企業速報 証券市場新聞

武田薬品工業<4502>が続伸。28日の取引終了後、18年3月期の第1四半期(4~6月)連結決算を発表、売上収益は4482億4000万円(前年同期比3.3%増)、営業利益は1949億7500万円(同27.5%増)、純利益は1447億8900万円(同45.5%増)と大幅な増益を達成したことが好感されている。トップ製品である潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「エンティビオ」がグローバルに伸長している。
通期は売上収益1兆6800億円(前期比3.0%減)、営業利益1800億円(同15.5%増)、純利益1380億円(同20.1%増)と従来見通しを据え置いた。

 

 

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket