企業|企業速報 証券市場新聞

ソフトバンクグループ <9984>は小幅反落。日取引終了後に発表した18年3月期第1四半期(4~6月)の連結決算は、営業利益4792億7300万円(前年同期比50.1%増)と大幅増益ながら、最終利益は55億2100万円(同97.8%減)で着地した。スプリントの損益改善効果が大きく大幅な営業増益を確保したが、前年同期にアリババの一部株式売却益を計上していたことで、最終大幅減益になった。本業は好調だが、最終減益幅が大きく売り優勢となっているが、市場の関心は高く、売り買いが交錯し、売買代金は午前10時現在、任天堂<7974>に次いで東証上場銘柄中第2位となっている。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket