企業|企業速報 証券市場新聞

第一屋製パン<2215>が続落。10日の取引終了後、17年12月期第2四半期累計(1~6月)の連結決算を発表、売上高は134億3900万円(前年同期比0.5%減)、営業利益は1億1300万円(同66.6%減)、純利益は1億3400万円(同53.0%減)と減収減益だった。焼き菓子などのインバウンド需要が一段落し、商品ミックスの悪化(原料費の高い商品へのシフト)による副原料費の増加も利益を圧迫している。
通期は売上高270億円(前期比1.1%増)、営業利益1億3000万円(同72.0%減)、純利益1億4000万円(同65.9%減)と従来予想を変えていない。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket