企業|企業速報 証券市場新聞

大日本住友製薬<4506>が8日ぶりに反発。15日付の日本経済新聞が「血液がんの一種、急性骨髄性白血病(AML)の治療薬を2018年度にも米当局に販売申請する」と報じたことが材料視された。新薬はがん細胞の増殖を抑える効果が高く患者の体の負担が少ないため、売上高が年500億円強の大型薬になると伝えており、収益貢献を期待したお染買いが優勢になった。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket