企業|企業速報 証券市場新聞

富士フイルムホールディングス<4901>が急伸。14日の取引終了後、18年3月期の第1四半期(4~6月)連結決算を発表、売上高は5714億8800万円(前年同期比4.7%増)、営業利益は358億3600万円(同21.5%増)、純利益は438億200万円(同3.6倍)と大幅な増益となったことを好感した。イメージング ソリューション部門では電子映像事業が大きく売り上げを伸ばし、インフォメーション ソリューション部門でも電子材料事業やメディカルシステム事業が拡大している。
通期は売上高2兆4600億円(前期比5.9%増)、営業利益1850億円(同7.4%増)、純利益1250億円(同4.9%減)と従来見通しを据え置いた。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket