企業|企業速報 証券市場新聞

ジーンズメイト<7448>がストップ高。22日に発表した8月度の既存店売上高が9.0%増と今年度に入って初めて前年実績を上回り、併せて、ファーストリテイリング<9983>の元開発担当者などとジーンズやシャツ、ジャケットなどの新しいプライベートブランド「メイト」を立ち上げたことが材料視された。
7月に高値を付けてから調整が続いていたが、整理一巡感から買い気が再燃しており、同社株のほか堀田丸正<8105>、パスポート<7577>、ぱど<4833>などRIZAPグループ<2928>銘柄が軒並み高となった。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket