企業|企業速報 証券市場新聞

五洋建設<1893>が上伸。23日に住友商事<8053>からマタバリ超々臨界圧石炭火力発電事業における港湾工事を受注したと発表したことが材料視された。受注金額は日本円換算で約1620億円、単独工事としては過去最大規模となり、工期は77カ月で2024年1月に竣工予定。今回の事業は、日本政府が推進する質の高いインフラ輸出の一環として、近年増大するバングラデシュの電力需要に応えるため、同国南部に位置するマタバリ地区に国内最大の発電所を建設するもの。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket