企業|企業速報 証券市場新聞

東洋紡<3101>が高い。26日付の日本経済新聞が「バイオ医薬品のひとつ、核酸医薬品の生産受託を2018年にも始める」と報じたことが材料視された。DNAやRNA(リボ核酸)の合成技術をこのほど確立。滋賀県内の工場に原薬生産に使う設備を導入する。投資額は数十億円の見込み。東洋紡はこれまでも医薬品の生産を請け負っており、繊維など主力事業より採算の良い医薬分野を強化すると伝えており、今後の収益貢献を期待した買いが向かった。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket