企業|企業速報 証券市場新聞

アンジェス<4563>が急反落。28日取引終了後、第三者割当で新株予約権を発行すると発表したことで、希薄化と需給圧迫を警戒した売りが優勢になった。リーディング証券に新株予約権12万個(潜在株式数1200万株)を割り当てることから、希薄化率は15.8%に及ぶ。調達資金手取概算80億6680万円は、HGF遺伝子治療薬の新たな臨床試験など開発費用などに充当する。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket