企業|企業速報 証券市場新聞

日立製作所<6501>が続伸。30日付の日本経済新聞が「2018年3月期の連結営業利益(国際会計基準)は、現時点で業績予想に対して最大500億円程度上振れる公算がある」と報じたことが買い手掛かりになった。主力事業の好調や期初に見込んだ景気変動リスクに備えた費用を取り崩さなくても済む可能性があるため。足元で再び対ドルの円高が進んでいるが吸収できそうだと伝えており、予想以上に好調な業績から割安感が働いたようだ。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket