企業|企業速報 証券市場新聞

三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、井住友フィナンシャルグループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ<8411>などメガバンクをはじめ銀行株が引き続き賑わった。東証1部上場銘柄で三菱UFJが売買代金トップ、みずほは売買高トップとなり、業種別騰落率で銀行セクターが目上がり率トップとなった。前日は米10年債利回りが上昇、NY市場でゴールドマン・サックスなど大手金融株が軒並み買われるなど海外金融株高の動きが波及。日経平均が一段高となるなか、銀行セクターには出遅れ感も働いている。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket