企業|企業速報 証券市場新聞

三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三井住友フィナンシャルグループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ<8411>などメガバンクをはじめ金融株が引き続いて買われた。米FOMC声明を受け米金利先高感が強まるなか、利ザヤ拡大による収益改善が期待されており、9月末配当権利取りを狙った買いも下値を支えた。配当利回りは三菱UFJが2.49%、三井住友Fは3.71%、みずほFは3.71%の高水準。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket