企業|企業速報 証券市場新聞

SFPホールディングス<3198>が5日ぶり反落。21日の取引終了後、18年2月期の第2四半期累計(3~8月)連結業績予想を売上高で従来予想の182億2900万円から185億円(前年同期比4.2%増)へ、営業利益で16億2000万円から18億5000万円(同15.3%増)へ、純利益で11億1800万円から14億5500万円(どう52.7%増)へ上方修正したが株価は利益確定売りに押されている。磯丸事業部門において既存店改装やタブレット端末導入効果が想定を超えて推移したほか、今期出店した「鳥良商店」および新業態の餃子製造販売店「トラ五郎」・「いち五郎」が好調となっている。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket