企業|企業速報 証券市場新聞

アイモバイル<6535>が反発。21日取引終了後、15万株、金額にして2億円を上限とした自己株取得枠を設定すると発表したことで買いが優勢になった。取得期間は10月2日~12月30日。発行済み株式総数に対する割合は0.71%ながら、株価が当面の底値圏にあり、需給改善による株価浮揚効果が大きいと判断された。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket